リレンザはインフルエンザを治すだけではなく、嬉しい事に予防に効き目があるとされています。タミフルは副作用の話もいろいろと出回っていますし、怖いですよね。タミフルは、インフルエンザの予防には、効き目がありません。リレンザはその点も良いのです!

リレンザで治療し7日程度で面会制限解除で出勤可能

冬になると多くの人々がある感冒症に感染し、苦しまされる傾向にあります。その感冒症とはインフルエンザ感染を指します。毎年のように日本で見られ、流行が見られない年はいまだかつてないでしょう。インフルエンザは空気が非常に乾燥すると活動が活発になります。感染経路は空気感染のほか飛沫感染が中心であると言われています。インフルエンザの感染者がくしゃみ、咳などをすることでインフルエンザウイルスの含まれた唾液や痰が他者の口や鼻に入り込み、次第に肺に侵入していきます。肺に到達したウイルスはそこで大増殖をはじめて、様々な症状があらわれはじめます。症状のもっとも代表的なのが40度を超す高熱です。高熱のあまり、大人でも立っていることが難しく日常生活がままならなくなります。インフルエンザの恐ろしい所は人から人に感染が拡大することです。特に職場、学校、病院でインフルエンザ感染が拡大すると経済活動や社会生活が停滞してしまい問題になります。そのため感染を拡大させないためにも熱や咳、くしゃみ、頭痛などが見られた場合にはすぐさま医療機関を訪れて適切な処置を受けることが大事です。医療機関では鼻の粘膜を取り検査にかけます。陽性である場合はインフルエンザの増殖を食い止めるリレンザやタミフルが処方されます。この場合医師から面会制限が告げられます。感染者が健常者と接触することで感染が拡大することが予測されるので、発熱から5日から7日程度は自宅で隔離して療養することが命じられます。熱がとれて3日ほど経過すると面会制限解除され、登校や出勤が可能になります。しかし出来るだけ、他者に感染させない配慮からマスクをして出金や登校することが大事です。また職場や学校の室内を湿度50%以上にすることを忘れてはいけません。