リレンザはインフルエンザを治すだけではなく、嬉しい事に予防に効き目があるとされています。タミフルは副作用の話もいろいろと出回っていますし、怖いですよね。タミフルは、インフルエンザの予防には、効き目がありません。リレンザはその点も良いのです!

リレンザやカロナールは授乳中に服用しても大丈夫?

インフルエンザにかかり高熱が出た場合、病院で診てもらい薬を処方してもらうのが一般的です。しかし授乳中の赤ちゃんがいる母親は、薬を服用してよいのか心配になるでしょう。病院に行くことを躊躇してしまう、という意見もケースも見受けられます。また薬を服用した後に心配になって、授乳を中断してしまう人もいます。
授乳を中断することは、赤ちゃんにとって望ましくありません。母乳を飲むことによって、病気に対する抵抗力を身につけられるからです。もし授乳をやめてしまうと、赤ちゃんまでインフルエンザにかかりやすくなる可能性があります。そこで今回は、インフルエンザの際に服用することが多い、リレンザとカロナールについて、授乳との関係を紹介します。
薬の母乳への影響を考える場合、薬が血液に入るかどうかを考慮すると良いでしょう。そういう意味ではリレンザは授乳に関して心配しなくてよいといえます。インフルエンザにかかって診察してもらうと、リレンザを処方されることが非常に多いです。リレンザは吸引する方法で体内に取り込むので、ほぼ血液には入らないと考えてよいです。そのため、授乳中の赤ちゃんがいる母親に適している薬であるといえます。ただし過度に摂取しすぎると、血液に溶けだす量も多くなります。服用する際は、指示された量をしっかり守ることが重要です。
またカロナールもインフルエンザにかかった際に処方される薬の一つです。こちらはインフルエンザのウィルスに直接作用するものではなく、解熱を目的としたものです。カロナールも母乳への影響はほとんどありません。厳密にいうと、僅かに母乳に含まれてしまいますが、非常に症状であるため影響がないのです。そのため授乳中でも危険性が少ない薬として認識されています。