リレンザはインフルエンザを治すだけではなく、嬉しい事に予防に効き目があるとされています。タミフルは副作用の話もいろいろと出回っていますし、怖いですよね。タミフルは、インフルエンザの予防には、効き目がありません。リレンザはその点も良いのです!

記事一覧

リレンザやカロナールは授乳中に服用しても大丈夫?

インフルエンザにかかり高熱が出た場合、病院で診てもらい薬を処方してもらうのが一般的です。しかし授乳中の赤ちゃんがいる母親は、薬を服用してよいのか心配になるでしょう。病院に行くことを躊躇してしまう、という意見もケースも見受けられます。また薬を服用した後に心配になって、授乳を中断してしまう人もいます。
授乳を中断することは、赤ちゃんにとって望ましくありません。母乳を飲むことによって、病気に対する抵抗力を身につけられるからです。もし授乳をやめてしまうと、赤ちゃんまでインフルエンザにかかりやすくなる可能性があります。そこで今回は、インフルエンザの際に服用することが多い、リレンザとカロナールについて、授乳との関係を紹介します。
薬の母乳への影響を考える場合、薬が血液に入るかどうかを考慮すると良いでしょう。そういう意味ではリレンザは授乳に関して心配しなくてよいといえます。インフルエンザにかかって診察してもらうと、リレンザを処方されることが非常に多いです。リレンザは吸引する方法で体内に取り込むので、ほぼ血液には入らないと考えてよいです。そのため、授乳中の赤ちゃんがいる母親に適している薬であるといえます。ただし過度に摂取しすぎると、血液に溶けだす量も多くなります。服用する際は、指示された量をしっかり守ることが重要です。
またカロナールもインフルエンザにかかった際に処方される薬の一つです。こちらはインフルエンザのウィルスに直接作用するものではなく、解熱を目的としたものです。カロナールも母乳への影響はほとんどありません。厳密にいうと、僅かに母乳に含まれてしまいますが、非常に症状であるため影響がないのです。そのため授乳中でも危険性が少ない薬として認識されています。

続きを読む

リレンザや第一三共が出すイナビルは処方箋が必要

インフルエンザの薬にはリレンザであったり、第一三共のイナビルといったものがあります。
これらの薬は非常に優れた効果を持っているのですが、処方箋がなければ通常では手に入れることができません。
扱い方に注意が必要であるため、簡単に手に入れることができないようになっているので必要なときには病院に行く必要があります。
このような薬は必要な時に必要な量だけ使うことが大切なので、処方箋がなければ手に入れることができないわけですが処方自体はすぐにしてくれるので通常であれば特に困るようなことはありません。
しかし、理由があって病院に行くことができないような状況だと治療薬が手に入らず困ってしまうこともあります。

そのような場合、多少リスクは有りますが通販で購入することができないわけでもありません。
処方箋が必要だというのは、国内で正規に入手する場合に限った話であり海外から直接取り寄せることはできます。
第一三共から直接購入をすることはできませんが、海外で販売をしている同様の薬であれば通販で購入をすることができるのです。
海外から取り寄せる時には特定の通販ショップを利用するのではなく、個人輸入という形で取り寄せることになりますが特定のショップはなくても個人輸入代行サイトというものがあるのでそれを利用すれば通販ショップと同じように薬を購入できます。
費用に関しても診察料などがかからないので、安価に抑えることができます。
欠点としては取り寄せるまでに海外からの発送となるので時間がかかってしまうということと、商品の安全性が確認できないので偽物が送られてきてしまってもそれを判別する手段がないという点にありリスクのある方法だということを認識する必要があります。

続きを読む

リレンザで治療し7日程度で面会制限解除で出勤可能

冬になると多くの人々がある感冒症に感染し、苦しまされる傾向にあります。その感冒症とはインフルエンザ感染を指します。毎年のように日本で見られ、流行が見られない年はいまだかつてないでしょう。インフルエンザは空気が非常に乾燥すると活動が活発になります。感染経路は空気感染のほか飛沫感染が中心であると言われています。インフルエンザの感染者がくしゃみ、咳などをすることでインフルエンザウイルスの含まれた唾液や痰が他者の口や鼻に入り込み、次第に肺に侵入していきます。肺に到達したウイルスはそこで大増殖をはじめて、様々な症状があらわれはじめます。症状のもっとも代表的なのが40度を超す高熱です。高熱のあまり、大人でも立っていることが難しく日常生活がままならなくなります。インフルエンザの恐ろしい所は人から人に感染が拡大することです。特に職場、学校、病院でインフルエンザ感染が拡大すると経済活動や社会生活が停滞してしまい問題になります。そのため感染を拡大させないためにも熱や咳、くしゃみ、頭痛などが見られた場合にはすぐさま医療機関を訪れて適切な処置を受けることが大事です。医療機関では鼻の粘膜を取り検査にかけます。陽性である場合はインフルエンザの増殖を食い止めるリレンザやタミフルが処方されます。この場合医師から面会制限が告げられます。感染者が健常者と接触することで感染が拡大することが予測されるので、発熱から5日から7日程度は自宅で隔離して療養することが命じられます。熱がとれて3日ほど経過すると面会制限解除され、登校や出勤が可能になります。しかし出来るだけ、他者に感染させない配慮からマスクをして出金や登校することが大事です。また職場や学校の室内を湿度50%以上にすることを忘れてはいけません。

続きを読む

呼吸吸引タイプのリレンザと5日間の効能について

最近では子どもが外出先で非常につらい症状になって帰ってくることがよくあります。これは、冬場などには風邪やインフルエンザが流行するのですが、その病気に感染して帰ってくるため症状としては疲れて帰ってきて、数日たつと発熱してきて高温になってしんどくなるといった流れになっています。そもそもインフルエンザや風邪になる原因としては、非常に大きなところでは、日常では大人ですと仕事や睡眠不足からくるもので、子どもですと、保育園や幼稚園や学校で疲れている中で周りの人から感染されて自分も同じ症状になってしまうことがよくあります。さらには、外出先ではそのような菌が付着して帰ってくるのですが、家で手洗いやうがいをせずにそのままにして放っておくと、菌がどんどんと衣類や食器や家の中のものに付着していくことでよりインフルエンザに発症してしまう確率が高くなってきます。インフルエンザにかかってしまった場合にお医者さんから処方されるお薬としてはリレンザと呼ばれるものがあるのですが、これは呼吸吸引タイプのものでインフルエンザにかかってからは5日間ほど発症してしまうのですが、感染してからおよそ2日以内にリレンザを吸引しておくことで非常に効果が高くなってきます。さらには、現在のリレンザに関してはより適切な処方方法もガイドラインが出ており、お医者さんや薬剤師の方からきっちりとした使用方法を聞いて実戦しておくことで、より適切なインフルエンザ対策にもつながってきます。さらには、お薬の効果で熱が下がるのがはやくなってくるのですが、熱が下がるとすぐに会社にいったり学校や保育園や幼稚園に行ってしまうのですが、インフルエンザは熱が下がってからも休養が必要でほかの人にも感染してしまう恐れがあるため、数日間は安静にしておく必要があります。

続きを読む

リレンザとタミフルは統計的に気管支の炎症が進むのか

リレンザとタミフルはインフルエンザに感染した時、または、身近に感染した人がいて、高齢、糖尿病などの持病があるといった場合に予防薬として使用されます。
どちらもインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができるので、服用を開始すると2、3日で回復してきます。
インフルエンザの治療薬として使用する場合、タミフルは錠剤とドライシロップの2種類があり、1日2回、5日間使用します。一方リレンザは吸入薬で、タミフルと同じく1日2回、5日間の使用です。タミフルよりも吸入するタイプのリレンザの方が、肺や気管支にいるウイルスに直接働きかけることができる他、耐性を示すウイルスも見つかっていないため、使用されることが多いです。また、10代の子供にはタミフルの使用が禁止となっているので、その年代の子供にはリレンザが使用されます。
リレンザの注意点としては、吸入薬のため、統計的にみて、気管支に炎症が起こる可能性があります。特に気管支炎をおこしやすい人や喘息を持っている人の場合、悪化することがあります。リレンザを使用する前に、気管支に関しての薬を使用するようにしましょう。また、リレンザを使用すると、2日程度で体が回復します。ですが、まだ体内にウイルスがいるので、薬の使用をやめてしまうと、増殖を開始してしまいます。きちんと使用期間を守るようにしましょう。
インフルエンザは、高熱、関節痛、頭痛といった症状の他に、重症化すると肺炎や中耳炎といった合併症を起こすことが多いです。また、痰が絡んでいる場合は、肺や気管支に薬が届きにくく十分に効果を発揮することが難しくなります。医師に体の状態を詳しく話すことが大切で、抗インフルエンザ薬の他に、解熱剤などを処方してもらうとさらに早く回復することができます。

続きを読む

インフルエンザの感染状況は何科?薬はリレンザを

インフルエンザの症状が出た時に感染状況を確認するには何科が良いのかと思うかもしれませんが、基本的には内科にかかるのが一番です。
例えば妊娠などをしている場合には産婦人科によって診てもらうということも出来ますから、産婦人科にかかるというのも悪いものではありませんがこの場合他の妊婦にも感染させてしまうおそれがあるだけに、病院の指示を仰ぐことが一番大切なことになります。

妊娠をしている人が内科にかかる場合には、そのことを必ず医師に伝えることが重要であり妊娠の有無によって薬の使用の判断であったり使用できる薬の判断が変わってくるので、忘れずに伝えるようにしましょう。
それ以外の人であれば基本的には内科を受診しておけば間違いがないので、内科あるいは総合病院などでインフルエンザの疑いがあるため何科にかかれば良いのかといったことを伝えて診察してもらうと良いでしょう。

インフルエンザの治療には最近リレンザという薬を使われることもあり、どのような効果が有るのかというとウイルスの増殖を抑える効果があります。
インフルエンザのウイルスは短期間で爆発的に増殖をするものであるため、早めにリレンザを服用してウイルスの増殖を抑えておけば症状を悪化させづらく早めに治すことができるものとなっています。

逆に症状が悪化してしまってからでは、ウイルスの量も増えた状態となっているだけにあまり効き目が期待できなくなってしまうため、リレンザを使う時には体調が悪いと感じた時にすぐに病院に行って診察をしてもらいインフルエンザだと判明したらリレンザを処方してもらいすぐに使うことが大切です。
発症から48時間以内であれば、大きな効果が見込めるので早めの対処をしましょう。

続きを読む

リレンザとおたふく風邪と接し方に付いて

おたふく風邪もインフルエンザも、風邪と似た症状が出ます。
おたふく風邪は、流行性耳下腺炎のことで、耳下腺や顎下腺が腫れます。
唾液腺が腫れることも多いです。
唾液腺の腫れは、1週間くらいで回復します。
腫れが引けば、感染の心配はほとんどありません。
おたふく風邪の原因は、ムンプスウイルスです。
ムンプスウイルスは、耳下腺や顎下腺に感染します。
とても感染力が強く、潜伏期間は2週間から3週間です。
おたふく風邪は、合併症も多いので注意が必要です。
おたふく風邪を発症した人の約1割が、髄膜炎も発症します。
おたふく風邪にかかると、抗体ができます。
ただ、予防接種を行っても、抗体ができない人が1割くらいいます。
予防接種が済んだ後で、おたふく風邪のような症状が出た場合は、すぐに病院で検査を受けた方がいいです。
抗インフルエンザ薬として注目を集めているのが、リレンザです。
検査結果が陽性だと、インフルエンザだと診断されて治療薬が処方されます。
リレンザは、吸入薬で、ノイラミダーゼを阻害します。
リレンザは、回復までの期間を数日間に短縮させることが可能です。
インフルエンザにかかったら、家族と同居している人は慎重な接し方が必要になります。
感染した本人だけでなく、親や兄弟もマスクをした方が安全です。
新型インフルエンザは、気道から感染することが多いのです。
リレンザは、予防にも使うことができるので、とても便利です。
リレンザは吸入式で、子供でも使うことができます。
インフルエンザにかかった場合、病期は熱が出てから1週間くらいです。
リレンザは、病期を短くすると報告されています。
熱が出ると発汗するため、水分の補給は必要ですが、アルコールは避けた方がいいです。

続きを読む

リレンザは吸入タイプの薬!何故吸入が良いのか

リレンザは錠剤として処方されるタミフルとは異なりブリスターと呼ばれる容器に入った状態で処方されます。服用の際には専用の吸入器を使って薬の粉末を吸い込むわけですが、実際に使ってみるとかなり面倒だと感じる人が多いです。ではどうしてわざわざ専用の吸入器まで作ってまで吸入にしているのかというと、その最大の理由はリレンザの効果にあります。リレンザが分類される抗ウイルス薬というのはウイルスが増殖するために必要な要素を阻害して体を回復させることが多いのですが、リレンザはウイルスが細胞から離れて別の細胞に移る「遊離」を阻害することで増殖を防ぎます。これによってタミフルなどとは異なる形でインフルエンザへの対抗をしているのですが、このリレンザの有効成分であるザナミビルという物質は経口投与だと体内にほとんど吸収されないため意味がありません。そのためザナミビルは「ウイルスが居るところに直接届ける」ということが必要になります。ではインフルエンザウイルスは体の中のどこにいるのか、それが肺や気管支といった場所なのです。肺や気管支はインフルエンザウイルスが最も多く潜む場所となっているため、吸入によってリレンザの粉末を気管支や肺に届けてやれば増殖を防いで回復を早めてやる効果が出てくるわけです。ただ吸入という方法は他の薬と比べてもなかなか特殊なものであるため、上手く吸い込むことができない人というのはやはり少なくありません。そうした人は無理にリレンザを使おうとしても上手く薬が気管支・肺に届かずに意味が無くなってしまいますから、無理やり飲もうとするのではなくタミフルなど別の薬で対応することを考えてみるようにしましょう。

続きを読む

リレンザで予防が出来るのか

身近な人がインフルエンザに感染した場合、どうしても感染したくない時があります。特に受験期の場合はそう考えることが多く、予防するにはどうしたら良いのか悩むこともあります。インフルエンザに感染した場合、リレンザやタミフル、イナビル、ラピアクタと呼ばれる抗インフルエンザ薬が使用されます。このうち、予防薬としても使用できるのがリレンザ、タミフル、イナビルです。イナビルは2日使用すると10日間は効き目が持続しますが、10歳未満の子供には使用されません。タミフルとリレンザは、大人でも子供でも予防薬としても使用することができます。タミフルの錠剤はある程度体重がないと服用できませんが、体重が達していないときはドライシロップの方を使用します。リレンザを予防薬として使用する場合、大人も子供も1日に1回、10日間吸入します。インフルエンザに感染した場合は、1日に2回、5日間の使用なので間違えないようにします。なお、タミフルもリレンザも薬を使用している間だけ、効き目があります。また、保険は適用にならないので自費になります。どうしても使用したい時を除き、できるだけ薬を頼らないようにしましょう。
インフルエンザは薬を使用しなくても一週間ほどで症状が落ち着いてきます。ですが、ウイルス性の感染症のため重症化しやすく、いろいろな合併症を伴うこともあります。医療機関で抗インフルエンザ薬が処方されたらきちんと飲みきるとともに、部屋の保湿や水分補給を忘れないようにしましょう。家族にうつさないためにも食器やタオルを共用せず、家の中でもマスクを着用するようにします。予防薬として使用する場合は、必ず医師に相談をすることも大切です。

続きを読む