リレンザはインフルエンザを治すだけではなく、嬉しい事に予防に効き目があるとされています。タミフルは副作用の話もいろいろと出回っていますし、怖いですよね。タミフルは、インフルエンザの予防には、効き目がありません。リレンザはその点も良いのです!

2016年11月の記事一覧

リレンザとタミフルは統計的に気管支の炎症が進むのか

リレンザとタミフルはインフルエンザに感染した時、または、身近に感染した人がいて、高齢、糖尿病などの持病があるといった場合に予防薬として使用されます。
どちらもインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができるので、服用を開始すると2、3日で回復してきます。
インフルエンザの治療薬として使用する場合、タミフルは錠剤とドライシロップの2種類があり、1日2回、5日間使用します。一方リレンザは吸入薬で、タミフルと同じく1日2回、5日間の使用です。タミフルよりも吸入するタイプのリレンザの方が、肺や気管支にいるウイルスに直接働きかけることができる他、耐性を示すウイルスも見つかっていないため、使用されることが多いです。また、10代の子供にはタミフルの使用が禁止となっているので、その年代の子供にはリレンザが使用されます。
リレンザの注意点としては、吸入薬のため、統計的にみて、気管支に炎症が起こる可能性があります。特に気管支炎をおこしやすい人や喘息を持っている人の場合、悪化することがあります。リレンザを使用する前に、気管支に関しての薬を使用するようにしましょう。また、リレンザを使用すると、2日程度で体が回復します。ですが、まだ体内にウイルスがいるので、薬の使用をやめてしまうと、増殖を開始してしまいます。きちんと使用期間を守るようにしましょう。
インフルエンザは、高熱、関節痛、頭痛といった症状の他に、重症化すると肺炎や中耳炎といった合併症を起こすことが多いです。また、痰が絡んでいる場合は、肺や気管支に薬が届きにくく十分に効果を発揮することが難しくなります。医師に体の状態を詳しく話すことが大切で、抗インフルエンザ薬の他に、解熱剤などを処方してもらうとさらに早く回復することができます。

続きを読む